気になる歯医者の麻酔

2019/12/03

気になる歯医者の麻酔

★歯医者の麻酔は丁寧なのは?

 歯医者では、麻酔をゆっくり打ったり、注射針の痛みをなくすために麻酔の麻酔を塗ったりと、「内科の注射と比べると丁寧だな」と思うかもしれません。これには理由があります。

 口の中は、刺激に対してとても敏感であります。体の中でも特に多くの神経が集まる敏感な場所なのです。髪の毛など、細い繊維があるだけで、気になって仕方がない程繊細です。

 口の周りを通る三叉神経は、脳から出る神経の中で一番太い神経です。口という狭い範囲に、この太い神経から枝分かれした神経が、ビッシリと分布しています。こうした神経を扱う歯科ならではの理由から、極力患者さんにストレスをあたえないように工夫を行っています。

★麻酔も進化しています!

 歯医者の麻酔も昔と違って、痛みを和らげるために進化しています。もちろん、麻酔の痛みを取るための麻酔(歯茎などにつける表面麻酔)もそうですが、麻酔の針も、昔より細いものになっています。細ければ細い程、痛みを軽減することができます。また、麻酔も手動でなく、電動麻酔器を使用すると、すごくゆっくりと麻酔薬を注射することになります。早く麻酔を打つと痛いので、それを軽減するために、一定圧でゆっくりと麻酔が打てる機器になります。

★麻酔をするような処置に至らないことが大事!

 麻酔をしないといけないような治療は、大きなトラブルになっている場合になります。そんなトラブルにならない前に、普段から気軽に定期健診に通って予防していくことが大事ですね。

 

カテゴリー