親知らずの痛み、放置しないで

親知らずの痛み、放置しないで

「奥歯が痛い……」そう感じたとき、その原因は虫歯だけでなく親知らずのトラブルである可能性も考えなくてはなりません。実際に診療してみると、親知らずだった……ということはとても多いのです。
名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」には口腔外科診療があり、親知らずの診察を行っています。(社)日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医がしっかりと診察にあたり、親知らずの抜歯を初めお口の中やお口のまわり、また顎などに生じたさまざまな疾患に対応しています。親知らずは放置するとさまざまなトラブルを招くことがありますので、お早めにご相談ください。

親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずとは、奥歯のさらに奥に生えてくる歯「第3臼歯」のこと。「智歯(ちし)」とも呼ばれ、かつては通常の奥歯として使われていていました。しかしやわらかい食べ物を食す機会が増えるなど食生活が大きく変化したことによって現代人は顎が小さくなり、横向きや斜めなどになって生えてきます。その結果、強い痛みをともない、さらに歯ブラシが届きにくいため汚れが溜まりやすくなって手前の歯をとともに虫歯・歯周病になったり、手前の歯を強い力で押して歯並び・咬み合わせを乱したりするなどさまざまなトラブルを招くのです。
こういったトラブルがすでに起きている、もしくは起きる可能性が高いと判断した場合、親知らずは抜歯したほうがいいといえます。しかし中には正しい向きで生える親知らずもあり、その場合には抜歯の必要はありません。

痛みのない抜歯の実現~笑気吸入鎮静法~

痛みのない抜歯の実現~笑気吸入鎮静法~

親知らずを「抜く」ということに恐怖を覚える患者さんは少なくありません。当院では、抜歯時の痛みをなくすために「笑気吸入鎮静法」を導入しています。
抜歯前に笑気ガスを吸引していただき、意識はあるまま半分眠ったようなリラックス状態に導き、痛みを感じないようにさせるものです。全身麻酔と違って意識があるままで抜歯するため、抜歯後にはすぐに覚醒し、歩いてお帰りいただくことができます。抜歯に強い恐怖心をお持ちの方、痛いのは苦手……という方は、お気軽にご相談ください。

「親知らず」が招く智歯周囲炎

「親知らず」が招く智歯周囲炎

親知らずは多くの場合、強い痛みをともなうものです。これは、親知らずが正しい生え方をしないために汚れが溜まりやすくなって炎症が起きることで生じます。またこの部分が化膿するケースもあり、この状態を「智歯周囲炎」といいます。

このように、智歯周囲炎が起きているにもかかわらず放置すると、親知らずはもちろんその手前の歯まで虫歯にしてしまい、抜歯が必要になってしまいます。そのような事態を招かないためにも、親知らずは早めに対処しましょう。

診療内容