顎関節症や口内炎もご相談ください

顎関節症や口内炎もご相談ください

「口が大きく開けられない」「顎が痛い」「顎を開閉すると音がする」などの症状が出る顎(がく)関節症。また口内炎やお口の中のできものなど、お口に起きるトラブルは虫歯歯周病以外にもたくさんあります。名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」では、口腔外科にてそのようなトラブルの診察を行っています。
当院では、(社)日本口腔外科学会認定の口腔外科専門医が診察にあたります。「お口」のトラブルは、丸ごと当院にご相談ください。

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは、咬み合わせの異常や歯ぎしり・食いしばりといった日常のクセなどによって顎関節に負担がかかることで発症する病気です。「口が大きく開かない」「顎が痛む」「顎がカクカク鳴る」などの症状が現れ、それが続くと肩こりや偏頭痛、また腕や指のしびれなど、全身にもさまざまなトラブルを招くことがあります。
歯ぎしり・食いしばりのおもな原因には、ストレスが挙げられています。顎関節症予防には、できるだけストレスを回避し規則正しい生活を送ることが大切です。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法

顎関節症の症状は、軽度であればしばらく様子を見るうちに治まることもありますが、継続する場合、改善しない場合には治療が必要です。近年では薬を用いた治療を中心に、症状によって咬み合わせ改善のための処置やリハビリを行うこともあります。また必要であればマウスピースを作製し、顎関節にかかる負担を和らげて痛みの軽減を図ります。

口内炎・お口のできもの

口内炎・お口のできもの

「口内炎」とは、お口の中の粘膜が部分的にただれた状態をいいます。口内炎は、うがいやブラッシングでお口の中を清潔にすると治りやすくなりますが、しばらく経っても治らない場合や、痛みがなくてもだんだん大きくなっていくケースなどでは他の病気も考える必要があり、精密な診察が必要です。

なかなか治らないできものは良性腫瘍だったり、中には口腔がんであったりする可能性もあります。痛みがないケースも多いため放置してしまいがちですが、早めの受診をおすすめします。

褥瘡性潰瘍(じょくせいかいよう)

褥瘡性潰瘍(じょくせいかいよう)

口内炎の一種であり、別名「外傷性潰瘍」とも呼ばれるものです。詰め物・被せ物、また入れ歯などの不具合によって粘膜に傷がついて潰瘍ができます。

痛みはあまり強くなく、表面は平らで灰白色や黄色い膜で覆われているのが特徴です。詰め物・被せ物や入れ歯を調整することで治癒につながります。

口腔がん

口腔がん

お口の中のできものが、口腔がんであることがあります。口内炎や良性腫瘍などと見分けがつきにくく、痛みが少ないという特徴もあって放置されてしまいがちですが、2週間以上治らないできものがある、という場合にはすぐに診察を受けましょう。

診療内容