正しい歯並びは健康の基盤です
~矯正歯科~

正しい歯並びは健康の基盤です~矯正歯科~

歯並びが乱れていても、「見た目がそれほど気にならなければ……」と思っていませんか? それは大きな間違いです。歯並びの乱れが招く問題は見た目だけではなく、咬み合わせが悪いことで食べ物がしっかり咀嚼(そしゃく)できなかったり、顎や顔、全身にまでゆがみを招いてしまったりすることもあるのです。
正しい歯並びは、心身の健康の基盤になるといっても過言ではありません。お子さんはもちろん大人の方も、歯並びが気になる場合には、名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」の矯正歯科までご相談ください。

子どもの予防矯正

子どもの予防矯正

顎の成長が完了している大人と違い、これから成長する子どもは将来的な本格矯正に向けた予防矯正が可能です。取り外しができる装置を使って、自然な成長の力を利用しながら顎の骨を広げていきます。
これを行うことで、食生活の変化によって近年増えている顎の小さいお子さんにも歯がきちんと並ぶスペースが確保でき、本格矯正の際に歯を抜かずにすむようになったり、費用を抑えられたりします。また同時に、歯並びを乱す原因になる頬杖などの悪いクセの防止や改善なども行います。

予防矯正の装置
床矯正 マウスピース矯正

床矯正

入れ歯に似た取り外せる装置を毎日一定時間装着し、歯がきちんと並ぶよう顎の大きさを徐々に広げていきます。

マウスピース矯正

透明なマウスピースタイプの装置を使って、少しずつ顎の大きさを広げ、正しい歯並びに導いていきます。透明なため目立たないのがメリットです。

料金
100,000円~
料金
60,000円~

※料金は税別表示です。

大人の矯正

大人の矯正

「矯正治療は子どもが受けるもの」と思われている方は少なくありません。しかし、実際にはそんなことはありません。大人でも多くの方が、矯正治療を受けられています。
矯正治療は成長期にある子どものうちに受けることで大きなメリットを得られますが、顎の骨の成長が完了してから行う大人の矯正にも、「治療計画を立てやすい」「自分の意志で前向きに治療に取り組める」などのメリットがあります。当院では目立ちにくい矯正装置のご提案も可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

大人の矯正装置
マウスピース矯正(プチ矯正治療) ワイヤー矯正

マウスピース矯正(プチ矯正治療)

咬み合わせに大きな問題がなく、歯並びの気になる一部分だけ治したい、という場合には「プチ矯正治療」がおすすめです。透明なマウスピースタイプの装置を歯の動きに合わせて何回か取り替え、正しい歯並びに導きます。装置が目立たず、取り外せるため食事やブラッシングにも問題がないというメリットがあります。

ワイヤー矯正

もっとも一般的といえる、ブラケットという小さな装置にワイヤーを通して歯を動かしていく矯正装置です。多くの症例に適用でき、比較的費用を抑えられる点がメリットです。

料金
150,000円(部分的)~
料金
300,000円~

※料金は税別表示です。

年齢を重ねても自分の歯を残すために
~歯周病治療~

年齢を重ねても自分の歯を残すために~歯周病治療~

歯周病はご年配の方がかかる病気という認識が根強いため、「自分には関係ない」と思われている方も少なくありません。しかし実際は日本人の成人の多くがかかっており、「日本人が歯を失う原因第1位」に挙げられている病気です。大人にとって他人事ではないのです。

歯垢(プラーク)に棲みつく歯周病菌が出す毒素が、徐々に歯を支える顎の骨や歯ぐきを溶かしていく歯周病は、放置すれば最後には歯を失ってしまいます。「歯ぐきの腫れ」や「出血」など、少しでも異変に気づいたら、名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」までご相談ください。

歯周病セルフチェック

「私はまだ大丈夫」と思っていませんか? 歯周病は自然には気づきにくい病気です。次のような症状が出ていないか、一度自分でチェックしてみましょう。

  • ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきが下がり、歯が長くなったように見える
  • 歯がグラグラする
  • 朝起きたとき、口の中がネバついている
  • 口臭が強くなった

これらの症状に当てはまるものがあれば、すでに歯周病にかかっている可能性があります。歯周病治療は早めが肝心ですので、すぐにご来院ください。

歯周病の進行段階

【健康な状態】
【健康な状態】

健康な歯ぐきはピンク色で弾力があります。

歯周ポケットの深さ:1~2mm

【初期の歯周病】
【初期の歯周病】

歯ぐきはややくすんだピンク色になり、ブラッシングすると出血することがあります。

歯周ポケットの深さ:2~4mm

【中期の歯周病】
【中期の歯周病】

歯ぐきが赤く腫れ、出血に加え膿も出て口臭も現れます。顎の骨が溶け始めて歯は少しグラグラします。

歯周ポケットの深さ:4~6mm

【末期の歯周病】
【末期の歯周病】

顎の骨がほとんど溶けてしまい、歯は大きくグラグラします。歯ぐきが腫れて膿や口臭も強くなり、さらに悪化すれば歯は抜け落ちてしまいます。

歯周ポケットの深さ:6mm以上

歯周病は早期発見・早期治療が大切ですが、適切な処置で予防することも可能です。年齢を重ねても自分の歯を残すために、定期検診に通い専門的な予防処置を受けましょう。

診療内容