大切な歯を虫歯から守りましょう~一般歯科~

「虫歯」は、誰もが知っているお口の病気。経験されたことがある方もたくさんいらっしゃるでしょう。 「歯が痛い」「冷たいものがしみる」などの症状で気づくことが多いものの、初期段階には自覚症状がないため、何らかの異変に気づいたときにはすでにかなり進行していると考えられます。
虫歯は進行すればするほど歯へのダメージは大きくなり、治療も難しくなります。少しでも異変に気づいたら、お早めに名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」の一般歯科までご相談ください。

虫歯の原因

虫歯の原因

虫歯は、歯にこびりつく歯垢(プラーク)を棲みかとする虫歯菌が食べカスに含まれる糖分をエサにして酸を出し、それによって歯が少しずつ溶かされていく病気です。つまり虫歯を予防するには、食後にきちんとブラッシングをして食べカスを残さないこと、歯垢をきちんと落とすことが大切になります。
また虫歯は一度治療をしても再発しやすいのが特徴であるため、治療を終えても気を抜かず、適切なブラッシングと定期検診の受診を継続しましょう。

虫歯の進行段階

CO【ごく初期の虫歯】
CO【ごく初期の虫歯】
表面のエナメル質がわずかに溶けて白濁しますが、自分では見つけにくいため放置されがちです。定期検診で早期発見に努めましょう。なおこの段階であれば、適切なブラッシングで治癒が期待できます。
C1【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】
エナメル質がさらに溶けて黒ずみ、冷たいものがしみるようになります。虫歯菌に冒された歯質を削り、詰め物で補う治療が必要です。
C2【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行し、甘いものもしみるようになります。虫歯菌に冒された歯質を削り、被せ物で補う治療が必要です。
C3【神経に達した虫歯】
C3【神経に達した虫歯】
虫歯が歯の奥の神経に達し、常に強い痛みが現れます。虫歯菌に冒されて死んでしまった神経・血管を取り除く根管(こんかん)治療を行って、歯を残せるよう努めます。
C4【末期の虫歯】
C4【末期の虫歯】
虫歯が歯根に達し、歯冠部分はすでになくなっています。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、歯根の先に膿が溜まると再び激しく痛みます。ここまで来ると、ほとんどの場合抜歯するしかありません。
~その痛み、虫歯でなく知覚過敏かも?~

「歯が痛い」と感じても、虫歯ではないケースもあります。その場合考えられるのが「知覚過敏(ちかくかびん)」です。知覚過敏は、強すぎるブラッシングで歯の表面のエナメル質が削れたり、歯周病の進行で歯ぐきが下がったりして、神経に近い象牙質が露出することで起こります。

少し様子を見ることで痛みが治まるケースもありますが、痛みが続く場合には薬剤のコーティングによって症状を抑えることも可能です。お早めにご相談ください。

お子さんの歯を健やかに育てたい~小児歯科~

子どもの乳歯は永久歯よりやわらかいということをご存じでしょうか? 実はこのために、「子どもは大人より虫歯になりやすい」といえるのです。また乳歯はいずれ抜けてしまう歯ですが、だからといって虫歯になってもいいということはありません。乳歯の時期に虫歯があると、後に生えてくる永久歯まで虫歯になるリスクが生じてしまうのです。

名古屋市緑区の歯医者「たけうち歯科クリニック」の小児歯科では、お子さんの歯の健やかな成長をサポートする診療を行っています。適切な治療・予防でお子さんの大切な歯を守るために、定期検診にお連れください。

小児歯科で行うこと

小児歯科で行うこと

小児歯科では、歯が生えたばかりの赤ちゃんのときから、虫歯予防や治療、永久歯への生え替わりの観察などを行っています。
お子さんには「甘いおやつが大好き」「まだ自分ではきちんとケアできない」など、虫歯になりやすい条件がそろっています。また永久歯よりやわらかい乳歯は、虫歯になりやすい上に一度かかると進行も早いのが特徴です。
しかし虫歯はご家族の方でもなかなか見つけにくいものですので、定期検診に通って早期発見・早期治療を可能にすることが大切です。

たけうち歯科クリニックの小児歯科

たけうち歯科クリニックの小児歯科

当院では、まずお子さんに歯科医院の雰囲気に慣れてもらうことから始めており、無理に押さえつけて治療をするようなことは決してありません。またお子さんが歯科治療を嫌いになってしまわないよう、笑気吸入鎮静法(しょうききゅうにゅうちんせいほう)にも対応していますので、お気軽にご相談ください。

~キッズコーナーを完備しています~

~キッズコーナーを完備しています~

当院ではお子さんが退屈しないよう、キッズコーナーを完備しています。ご家族の治療について来られたお子さんも、自由に遊んでいただけます。

診療内容